iPhone7sの電池を長持ちする方法 - iPhone7sのおすすめポイント
  • iPhone7sの電池を長持ちする方法

    iPhone7sは、とても便利ですが、使っていて気になるのは電池の減り具合です。



    たくさん使いながら電池が減らない方法があれば、知りたいのですが、基本的には使うと電池はなくなります。
    減り方を少なくする方法と、万が一電池切れした時の対応方法、ふたつをちゃんと準備しておけば、気は楽です。まず、充電コード、充電器、外出時に必ずふたつを持参します。


    大抵の場合は、これだけで、一日なら安心です。

    クルマに乗る人なら、シガレットのところから電気を取りiPhone7sを充電させる機器がありますので、このような機器を車に常備することをおすすめします。ガソリンが無くなるまでエンジンをかけていればiPhone7sは利用できます。大地震、停電など災害にあっても安心です。
    コンセントのように他の電気機器も接続できますので、車が家のようになります。

    お金をかけず電池を長持ちさせる方法は、電話に出られない時、iPhone7sの電源を切ることです。日中電話に出られないので、切っておきますが、夕方に電源をつけたとき、90%くらい残っています。

    YOMIURI ONLINEの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

    これなら夕方から夜中まで安心して目一杯iPhone7sを使えます。電車の車中だけでも効果的です。
    あとは、たくさんの人が行っている方法で、照明を切る時間の設定を1分にする、不要なアプリを捨てる、不要な写真や動画や音楽を消しメモリーにゆとりを作る。

    メールや、SNSや、LINEのようなアプリの着信時のお知らせをしない設定にする。



    アプリの着信マークだけなら電力消費はわずかです。ほかにアプリが専有するメモリーを減らす方法があります。

    Yahoo!のアプリでは、メモリーの最適化というボタンを押すと自動的にメモリーの空きを増やしてくれるため、電力消費量を減らすことが出来ます。